FC2ブログ
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター

リンク

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

satoko

Author:satoko
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

待ちに待った笹倉鉄平最新作『アパルトマンの窓辺』、9月27日入荷!!

2008.09.26 18:07|未分類
今週は、
「そろそろ新作が見れるかなと思って、、、」と
ご来店いただくお客様が多かったですが、
お待たせして申し訳ございませんでした。

やっと9月27日(土)に最新作【アパルトマンの窓辺】が入荷致します

前回にも書きましたが、今回の新作のテーマは、
作品のサブタイトルに“Bonne Chance!”とあるように、
“幸運”がテーマです。
(“Bonne chance”は、英語でGood luck!の意味)

最近何か良いことが無い、、、という人や、
ちょっとツキがなくって、、、という人
もちろん、良いことばっかり(笑)、、、
というハッピーな方にも
更に幸運が舞い込んできそうな鉄平先生からの贈り物を
早くご覧いただきたいと思っています

ちなみに毎回、多くのファンの皆さんが楽しみにされているオリジナル額ですが
(当ギャラリーの鉄平作品の額は、すべて笹倉鉄平先生が選んだ額です)
今回は窓辺シリーズという事もあり
『白い時間』や『エヴァーグリーン』と同じイメージの
白い額になるようです。

『アパルトマンの窓辺』を部屋に飾っていただきますと
白い枠の窓が一つ増えたみたいで、
更に外にはパリの景色が、、、
ステキですね

(画像はクリックすると大きくなります)
stpaul0.jpg
(写真は鉄平先生のパリ個展が開催された
ヴィラージュ・ド・サンポール
犬と散歩中のおじいさんもひと休み)

noel6.jpg
(Deepな鉄平ファンなら、この通りの名前を見てピンとくるはず、、、)

ame
(最後の写真は鉄平作品とは関係ありません
仏映画【アメリ】に出てくるお店でした。
きっと鉄平先生は、ご覧になっているんじゃないかと、、、
(10月8日追記)
大丸の鉄平展にてこちらの八百屋を描いた作品が展示されていました

笹倉鉄平作品専門画廊
元町コンフォートギャラリー



スポンサーサイト



パリ珍道中(パートⅡ)~自転車で“ECO”

2008.09.13 19:33|未分類
ちょっと前、某ECOプロジェクトのHPに笹倉鉄平先生の
ECOに関する取り組みのコメントが載っていました。
小さな取り組みでも私達一人一人が拘ることで大きな力になっていきます。
そんなわけで今回のテーマは「パリ珍道中~エコ編!」

今回の旅は、パリだけではなくオランダにも
3日程立ち寄りました。
もちろん一番の目的は、笹倉鉄平作品初期の名作
と言われる『ユトレヒト』の街に行く事でしたが、
まず最初に入ったアムステルダムで驚いた事は、、、
とにかく自転車が多い!!

そう、オランダは言わずと知れた
ヨーロッパ随一の自転車大国!
若い人からやや年配の方まで颯爽と
風を切って走っていきます。(カッコいい~)
歩道の横には自転車用道路がちゃんと有り、
うっかり歩いていると轢かれそうになります(笑)


(もちろんユトレヒトも自転車、自転車、自転車、、、)
utre14.jpg


(ここは、あの作品の、、、。勿論ココも自転車がいっぱい)
utre11.jpg


(オランダの風車、これもECOですね)
画 073


そして負けじとパリでも、
ここ数年で一気に自転車人口が増えました
何でも“ヴェリブ”というレンタル自転車のシステムを
パリの町中に導入したようで
噂では聞いていましたが、
なかなか素晴らしいシステムでした
(300m間隔でヴェリブのステーションが配置され、
パリ市内だけで1500ヵ所、レンタル用の
自転車台数は合計2万台用意されているそうです)

(ヴェリブのステーションに自転車を返却する人、
後ろは笹倉鉄平作品の題材にもなった
“サンジェルマンデプレの教会”)
paris2.jpg


タクシー代が高くて、
おまけにパリの中心部はいつも渋滞するので
経費中のタクシー代割合が、
毎回高くなってしまう事が悩みでしたが
ヴェリブなら、たった1ユーロで借りる事が出来て、
30分以内に次のヴェリブステーションまで行けば、
1日乗っていても何と1ユーロのみ!
ECOだし、経済的だし、素晴らしい!
これは是非日本でも取り入れてもらいたいですね

そしてもう一つ、今回はパリに住む人達の
ECO生活の知恵を、
アパルトマンを紹介してくれた方に
教えていただきました。
それは、“夏の日中は窓を開けない”という事
これがこちらで生活している人の、
夏を涼しく過ごす知恵だそうです。
ヨーロッパ(南部を除く)の気温は夏場でも
朝晩は結構過ごしやすい気温で、
今回8月のパリでも夜は15℃位まで下がりました
(特に今回のアムステルダムでは、何と10度!)

またこちらの建物は石造り。
これらの特徴をうまく生かして、朝晩に窓を開け、
涼しい空気を入れる事で部屋の中(石の壁)を冷やす。
そして日中は絶対に窓を開けない。
そうする事で昼間に外の気温が上がっても
室内は涼しく過ごす事が出来る、という事でした。

早速やってみましたが、これはホントに
びっくりするくらい効果が有り
エアコンの冷気ではなく、とても心地良い涼しさでした。
是非、夏場にヨーロッパに旅する方は実践してみて下さい

(アパルトマンの部屋、とっても広いですが、値段はシャンゼリゼ界隈の主要ホテルと変わりません。オススメです)
apartman.jpg


ただし、日によっては恐ろしく暑くなる日もありますから
もちろんそんな日はエアコンを入れましょう(笑)
ECOは継続が大切ですから

笹倉鉄平作品専門画廊
『元町コンフォートギャラリー』ホームページに戻る

笹倉鉄平2009年カレンダー

2008.09.05 00:04|未分類
《笹倉鉄平2009年カレンダー》
つい先週まで夏真っ盛りと思っていましたが
さすがに9月に入って、少し涼しさを感じるようになってきましたね。

9月といえば、皆様お待たせしました
毎年恒例の『笹倉鉄平カレンダー』の発売です
もちろん今年も人気のフィルム仕様です

気の早い方は、8月上旬から
「今年はどんな内容ですか」というご質問を
いただいておりましたが、、、
では、どこよりも早く?、内容をご案内致します

表紙『カダケス』
1,2月『八坂の塔』
3,4月『ウェディングインザパーク』
5,6月『ポンタヴェンの朝』
7,8月『カダケス』
9,10月『メソン』
11,12月『ルナパーク』

7枚綴り、2625円(税込み)

といった内容です

またサイズは昨年と同じく、51.5cm×38.0cmですので
昨年に当ギャラリーでカレンダー用額を
購入いただいた方は
今年もそのまま使っていただけるかと思います
(来週中頃には入荷予定ですので、
確認後に改めてご案内致します)

毎年早々に売り切れますので
特にまとめて(5部以上)ご購入の方は、
ご予約をお早めに!
CIMG0665.jpg

笹倉鉄平作品専門画廊
『元町コンフォートギャラリー』