FC2ブログ
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
FC2カウンター

リンク

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

satoko

Author:satoko
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ワインつながり、という事で・・・

2010.02.26 21:41|未分類
今回は、一見、笹倉鉄平とは関係ないお話のようですが
読んでいくと鉄平さんのお話も出てきますので
最後までお読みください


先日、白洲千代子さんがギャラリーに来てくれました。

“白洲”という苗字で分かる方も多いと思いますが
白洲次郎、白洲正子夫婦のお孫さんです
また母方の祖父は小林秀雄、
・・・凄すぎる環境です


日本一カッコイイ男、白洲次郎
(読んでない方は、是非お読み下さい)

*ちなみに、白洲次郎は、2月17日生まれ
ダンナは、2月18日生まれ
1日違いでなぜこんなに違うのか・・・

まあ、そんな私事はさておき・・・

白洲千代子さんが来てくれました

ちょうどギャラリー天心さん(兵庫県加古郡)で個展を開催中で
その帰りに立ち寄って頂きました

2月18日~3月4日まで“白洲千代子ジュエリー展”

白洲さんとは、昨年の千代子さんの個展で
知人に紹介して頂いてからのお付き合いですが
ご本人は、とてもきさくな方です。(でも、凄いオーラがあります・・・)


また、ちょっとこじつけですが
ちょうど来られた日は、近くの“ラ・スイートホテル”での
“辰巳琢朗さんのワイン&トークディナーショー”の開催日で・・・

≪辰巳琢朗のワイン番組(BSフジ)≫に鉄平先生が出演されたのは
皆さん、ご存知かとおもいますが
http://www.bsfuji.tv/tatsumi/

笹倉鉄平出演回の3~4週前に出演されたエッセイストの
“白洲信哉さん”は、千代子さんのお兄さん。

どうやらワインを通して、皆さんつながっているようです(笑)


ついでにこちらのトークショーのお話も少しだけ・・・

私もご挨拶がてら、準備のお忙しくされている中、伺いまして
辰巳さんのワインセミナーの会場に、笹倉鉄平作品の『キァンティ』を展示させてもらいました。
36.jpg

気を利かせて、ちょうど鉄平さんが出演された時に使われた『キァンティ』を
と思って持って行きましたが

今回は“日本のワインを楽しむ”というコンセプトだったようで、、、(T_T)

辰巳さんからは、“京都を描いた絵の方が良かったのに”
と言われてしまいました(残念)。
(よく見たら、たしかにチラシにも書いてありました、、、スミマセン)
まあ折角なので、『キァンティ』もしっかりと飾って頂きましたけど、、、(笑)


ちなみにこちらのワインディナートークショーの方は
大変盛り上がり、
18時30分スタートでしたが、22時30分を過ぎても
皆さん楽しくワインを飲みながらお話されていました

次回は、是非皆さまもご参加下さい

Teppei Sasakura Art Gallery
笹倉鉄平作品専門画廊
≪元町コンフォートギャラリー≫
スポンサーサイト



笹倉鉄平、画業20周年記念作品★「カダケス2010」★

2010.02.12 21:48|未分類
笹倉鉄平、最新作≪カダケス2010≫の作品コメントです

≪カダケス2010≫

スペイン、バルセロナからフランス方面へ列車とバスを乗り継いで、およそ4時間――
小さな漁村の風情を残したリゾート地、カダケスへと至る。

かつて、この地を描いた作品が、画家としてのデビュー作となった。
以前から決めていたことなのだが、20年を経てもう一度同じ場所を訪ねることにした。
当時と同じ場所に立って“どの様な印象を持ち、何を感じるのか?”
・・・自身を見つめなおしてみたい、と思っていたからだ。

*        *        *

人の営みを穏やかな光に託して描きたい、という思いは全く変わらなかった。

当時は、独特な家並みの造形に興味を持ったので、建物やその構造など、細部まで描きこめるような構図とした。
しかし今回は、港に面したこの魅力的な湾が醸し出している、全体のイメージを表現したいと思った。

細部へのこだわりは今も変わらないが、その表現は少しずつ変化しつつあるように感じていたし、
絵が仕上がってゆくにつれ、改めて確かめられたことだった。
“細やかさ”よりも“やわらかさ”により重きを置くようになってきたということを。

願わくは・・・
絵をみた時に、肩の力がぬけて心が安らぐようなものを描きたい。

そんな風に思い続けた20年の歳月が、自分の絵を少しずつ変えてきたのだろうか?


笹倉鉄平

笹倉鉄平作品専門画廊
≪元町コンフォートギャラリー≫