FC2ブログ
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター

リンク

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

satoko

Author:satoko
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

これは、新作??(笑)

2013.01.30 19:59|未分類
これは、何か見た事ある作品のようだけれど、ちょっと違う気もする・・・(笑)
『ミモザと猫』??
mimozacat.jpg

実は、お客様のK様からいただいた写真です。

作品『ミモザ』のちょうど真ん中で、絵のように動かずにじっとしているので
写真を撮られたとのこと(笑)

いやいや、お見事!

きっと絵の中の景色が、気持ち良さそうで
その中に入りたくなったのかもしれませんね。

笹倉鉄平作品専門画廊
≪元町コンフォートギャラリー≫



スポンサーサイト



雪・雪・雪

2013.01.28 14:54|未分類
今朝は大雪!!
庭はこんな状態で、
我家の愛犬も好奇心と寒さの間で葛藤しながらも
ウッドデッキを走り回ってました。

しかし、元町に出て来たら
雪どころか、路面も濡れてない!
全く日常の風景!!
Good grief!
jojo11.jpg

笹倉鉄平チャリティポストカードセット≪未来ある子供たちに―≫が発売されました

2013.01.26 19:26|未分類
チャリティポストカードセット≪未来ある子供たちに―≫が発売されました
以下、作家コメントより

あと二か月足らずで、あの震災から2年が経とうとしています。
支援活動の部分でも、企業・団体などから寄付も集まり様々な形で支援が行われているのを見聞きしながらも、「漠然とした形ではなく、具体的な何かを・・・」と考えれば考えるほど、スタッフと語り合えば合うほど、その想いは堂々巡りばかりでした。

そんな中で、心に引っ掛かってきたのが、被災地の子供たち…特に親を失った子供たちのことでした。
震災では、およそ240名が両親を、約2000名が片親を失くしたということです。
国や行政では、その一人一人に対して精神的な部分や教育・情操面までの細かな対応は難しいのでしょう。

しかし、その部分に焦点を絞って実際に支援活動をされている「3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構」という団体があります(私も発足直後から参加をさせて頂いております)。
趣旨や活動内容は、以下にリンクを張らせて頂きますので、ご覧頂けましたら幸いです。

          【一般社団法人3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構(3.11塾)】 http://311juku.jp/

昨夏には、被災地の子供たちを念頭に置いた、チャリティ活動をしたいと思いポストカード・セットを作製しました。
"希望の光"に向かって歩む姉弟のイメージを描いたものや、これまでの作品から子供を主人公にしたものを選んだ5枚一組です。

今後は、上記「3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構」主催のチャリティ・コンサート会場や、私の展覧会会場、また、株式会社アートテラスのショールーム(東京・八重洲)、「ちいさな絵画館」(兵庫県・西宮市)、「版画ミュージアム」(神奈川県大和市)、ご賛同いただいた「推奨販売店」にて販売させて頂く所存です。
そして、私の事務所(=株式会社アートテラス)に於けるこの売上金の全額を「3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構」へ寄附させて頂きます。

上記の活動にご賛同を頂き、お力添えを頂けましたら幸いに存じます。

ポストカード詳細はコチラ

笹倉鉄平作品専門画廊
≪元町コンフォートギャラリー≫

よく間違います。すみません。

2013.01.20 11:48|未分類
当ギャラリーホームページにて
最近、イージーな間違いが時々有ります。
誠に申し訳ございません

スグに気が付く場合や、優しいお客様がこっそり教えて下さる場合も有りますが
気が付かず、そのままになっている場合もあるようで
本当に申し訳ございません。

先程も、クリックすると“新作の作家コメント”に移動する筈の画面が
ご注文のメールコーナーに移動したり
逆に、注文しようとされた方がら“作家コメントになるんだけど”とご指摘いただき・・・

どうやら、移動する先の設定が、それぞれ逆になっていたようです。
誠に申し訳ございません。

また先日も1月の営業日カレンダーを拡大する為にクリックすると
11月に移動していたようで・・・
(これは、1月と設定する予定のところ、指が1を2回押してしまい、11月になっていたようです。これまた失礼致しました)

ホームページの更新作業は、店主が日中の手が空いた時にやっておりますが
慌てるとこういう失敗が起こるようです。

これからも更に気を付けないといけないと反省しております

それでもそれでも、もし間違いがございましたら

そんな時は、こっそりこっそり(笑)教えて下さいますと大いに助かります(^^ゞ


そう言えば以前はよく、夫婦二人でやっと一人前です、と申しておりましたが
歳のせいか?
最近、二人足して、やっと0.8くらいではないかと
心配になってきました。

こんな私たちですが、今後とも宜しくお願い致します。

店主

笹倉鉄平作品専門画廊
元町コンフォートギャラリー


笹倉鉄平最新作★『他にも道はある』、の作家コメント

2013.01.17 14:00|未分類
笹倉鉄平最新作『 他にも道はある』の作家コメントが発表されました



南フランス、プロヴァンス地方の小さな町で、とても印象に残るワン・シーンに偶然出会った。

よく晴れた日の午後、日陰になった路地。
一匹の太った猫が昼寝をしていた。
そこへ、陽の当たる向こうの通りからの上り坂を、白いボサボサ髪の小さな犬が登ってきた。

気配を察したのか、サッと起き上がる猫。
緩い下り坂の先にいる、寝起きで機嫌が悪そうな猫の姿に、犬の方は坂道を登りきって初めて気づいたらしく、その場に立ち竦んでいる。
と、猫の迫力に気圧されたのか、犬は視線を逸らすようにして、元来た道をすごすごとまた戻って行った。

猫の方が逃げ去るかと思いきや・・・
予想を裏切る展開と肩を落としたような犬の後姿に、何とも言えぬ可笑しみを感じた

*  *  *

猫は、一匹ではなく、ただ道にたむろしていて、威嚇する気など無い様子でもいいのでは?
犬は、困り顔のフレンチ・ブルドックがピッタリなのでは?
その方がより楽しく思えて、現実とは変えることにした。


―――さてさて、絵の中の犬は、この後どうするのでしょう?


笹倉 鉄平


~A Dog Meets Cats~
キャンバス・ジクレー 36.7*28.5cm
作品詳細はコチラ

笹倉鉄平作品専門画廊
≪元町コンフォートギャラリー≫