FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター

リンク

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

satoko

Author:satoko
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笹倉鉄平、今年のクリスマス作品は、『クリスマス・タウン』

2011.11.05 00:05|未分類
笹倉鉄平★最新作★『クリスマスタウン』の作家コメントが発表されました。

≪クリスマス・タウン≫
~Christmas Town~

キャンバス・ジクレー
27.0*91.0cm



イギリス、ロンドンから西へ200キロ程のところに、“コッツウォルズ”という美しい丘陵地帯がある。
そこには英国人の多くが憧れて止まない田園生活が在り、自然に抱かれるようにして、小さな町や村がいくつも点在している。

ガイドブック等に掲載されている写真では、そんな家々や樹木、草原、花々など
自然の息吹が生き生きと輝くのどかな風景を目にすることが多い。

ある時、ふと頭を過ぎった――
この緑豊かな風景は、冬にはどんな風になるのだろう?クリスマスの頃には?
なぜか不思議と想像を掻き立てられてしまい、クリスマス直前のコッツウォルズを巡ってみることにした。


多くの通りでは、小さな店々がクリスマスの飾りつけに余念がなく、
都会のきらびやかなそれには無い、素朴な町・村ならではの、
楚々とした中にもこの時期特有の華やいだ雰囲気が有り、大いに魅力を感じた。

その様子は、まるで子供の頃に見て憧れた絵本の中のクリスマス風景そのままの様に目に映り、
憧憬と懐かしさが胸に蘇ってきて・・・

待ち遠しくてワクワクした“あの感覚”を、一枚の絵に表現できないものかと想いめぐらせた。

実際にコッツウォルズのあちこちでスケッチした家をアレンジしたり、
ゼロから空想した店を描き加えたりしながら、“クリスマスの似合う町”を描こうとチャレンジした。

Welcome to the Christmas Town!!


笹倉 鉄平


笹倉鉄平作品専門画廊
≪元町コンフォートギャラリー≫

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。