FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター

リンク

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

satoko

Author:satoko
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笹倉鉄平★最新作≪僕とボビーと秘密の店と≫

2012.02.04 01:56|未分類
鉄平先生から最新作の作品コメントが届いております

『僕とボビーと秘密の店と』~Me and Bobby by the Antique Shop~

キャンバス・ジクレー
31.8*41.0cm



イギリス、ロンドン近郊の住宅街の一角で、
今は盛りと咲きこぼれる藤の花の見事な家並みを
スケッチしようとしていた時だった。

ふと、目の端を動くものに気づいて目をやれば、
首輪はあれどもリードも付けず、散歩中らしい小さな犬が、
通りをひとりスタスタと歩いてゆく。
あまりに飄々とした足取りと可愛らしい姿に惹かれ、
少しだけその後をついて歩いてみた。

自分より大きな犬に出くわしても、何食わぬ顔で通り過ぎ、
小さな子供に駆け寄られても、目もくれずに進んでゆく。
その足取りは、決まったコースをパトロールしているかのように堂々たるもので、
何とも微笑ましい光景だったのだが・・・
休憩なのか、突然、通りの片隅にペタリと座り込んだ。
そろりそろりと後ろから近寄ると、
気配に気づいたのか、クルリと振り返った―――

その目の表情が、昔飼っていた犬にあまりにも似ていて、
嬉しいような、切ないような、懐かしいような・・・何とも言えない気持ちになった。
そして、「これ」を絵で表現したいと思った。

更に、描き始めてもいないのに、絵の題名が自然に浮かんできた。

主人公は、勿論この犬。名前はボビー。
背景は、先ほどスケッチしようとしていた、ピースフルな家並み。
実際には一般の住宅だったが、散歩の途中でつい立ち寄りたくなるような、
とっておきのアンティークショップに変えて・・・

"題名"から絵の発想が浮かんでくるという、珍しいケースの作品となった。


笹倉鉄平


笹倉鉄平作品専門画廊
≪元町コンフォートギャラリー≫

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。