FC2ブログ
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター

リンク

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

satoko

Author:satoko
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

元町コンフォートギャラリーは“神戸ビエンナーレ”に協賛しております!

2009.09.27 17:03|未分類
≪神戸ビエンナーレ≫が10月3日から開催されます!
(★当ギャラリーも協賛しております!★)
http://www.kobe-biennale.jp/kyousan_zigyo/archive.html
trd0710061157004-p1.jpg
(画像をクリックすると大きくなります)

文化芸術の発信地として神戸市が開催する国際展覧会です。
また、絵画だけでなく多岐にわたって芸術文化全般を推奨していくという事で
微力ながら、私たちも協賛事業所として参加する事になりました。

また、会場の方では
先日のアカデミー賞にて短編アニメ映画賞を受賞した『つみきのいえ』の上映なども
行われます。
是非、併せてご覧ください
robot.jpg
(画像をクリックすると大きくなります)



★≪神戸ビエンナーレ≫とは・・・
2007年に神戸市で第1回が開催された現代美術を軸にする芸術文化の国際的な展覧会。
http://www.kobe-biennale.jp/
阪神淡路大震災から10年を経て、すっかり復興を遂げた神戸が被災地という枠組みを離れ飛躍をはかるとともに、芸術文化の街として活性化することを目的としている。
ビエンナーレやトリエンナーレ形式の展覧会は世界にいくつか存在するが、神戸ビエンナーレの特徴は、第一に、対象とする芸術分野が現代アートだけでなく、生け花や書のような伝統芸術、デザイン、ファッションなど多岐に及ぶ点である。
さらには、従来のハイアートの世界では無視されてきた大道芸や児童絵画、洋菓子のデザインなどの現代文化も取り込む試みがなされている。この多種多様性は、様々な芸術文化の玄関口となって港町として発展してきた神戸らしさを表現しようとしたものである。
第二の特徴として、総合ディレクターの指名にもとづく有名作家による作品の出展ではなく、広く一般から国際コンペティション形式で作品を選出している点である。これは、世界各国でスターアーティスト、あるいはキュレーターによるビエンナーレ等が開催されているが、その形式を真似るのではなく神戸の独自性を出し、若手アーティストの発掘、育成にウエイトを置いたためである。 神戸市では、現在、都市の魅力化をデザインという観点から戦略的に図っていこうと「デザイン都市」を推進しているところである。神戸ビエンナーレは、デザイン都市を推進するうえで前提となる街の待つ豊かな感性、創造力を育む機会としてあるいは街の資源の再発見や活用の機会として期待されている

笹倉鉄平作品専門画廊
≪元町コンフォートギャラリー≫

コメント

非公開コメント